根管治療(歯内療法)

当院の根管治療(歯内療法)

他院では「抜歯しなければいけません」と言われた歯でも、諦めずに当院にご相談ください。中には、他院でダメと言われたケースでも当院にて根管治療を行い、結果抜歯をせずに治療したケースもございます。

当院では、技術の精度を上げるための様々な設備・器具を使い、より成功率の高い根管治療を提供しております。

マイクロスコープの導入

治療部位を、肉眼以上に視ることのできる歯科用顕微鏡です。根管治療は、歯の奥にある根っこの治療ですので、肉眼だとはっきりと見えず、手探りで治療をしなければいけません。このマイクロスコープを使用することで、肉眼では見ることができなかった奥まではっきりと確認することができ、また暗くなりがちな口の中を明るく照らしながら治療を行うことができます。

根管治療においては、必須ともいえる機器です。

CTによる事前検査

歯科用CTというとインプラント治療でよく使われる機器ですが、当院では根管治療の診断にも使用しています。お口の中を三次元化するCTを利用することで、歯の根の病巣(根尖病巣)がはっきりと画像に映ります。従来のレントゲンでは根尖病巣はぼんやりとしか映らないので、進行度合いが分かりません。

ラバーダムの使用

ラバーダムとは、治療する歯以外をゴム製のシートで覆い、口腔内の唾液や細菌による治療部位への感染を防ぐ道具です。根管に新たな細菌が侵入すると、せっかく治療を終えてもまた再発してしまいますので、治療部位は無菌状態を保つ必要があります。そのためのラバーダムです。

根管治療では、マイクロスコープと並んで必須ともいえる処置なのですが、利用している歯科医院はまだ多くはありません。